ニコニコ動画のパクジヘン荒らしに注意してください

ニコニコ動画で私が関わっている色々な動画に出没してはタグ荒らし、市場荒らし、市場の吹き出し荒らし等の 迷惑行為をしている人物から執拗に誹謗中傷や上記の迷惑行為をされ困っております。 奴が私のツイッターの投稿内容を晒している場所に書かれている内容は、誹謗中傷、名誉毀損ですので信用しないようお願いします。

犯人に関して (プロフィールや迷惑行為の経緯)

通称(該当人物に対しての呼び名):ニコニコ動画の私怨野郎、パクジヘン荒らし (黒崎智則などのハンドルネームを使用していた事もあった) おおまかな住所:不明 プロバイダ、回線等PC環境:外国の串がメイン。(主に、65.49から始まるIPでアクセス試行してくる。) 迷惑行為をされた経緯と迷惑行為の内容は以下に記します。 2012年7月頃から私のニコニコ動画のタグに変なキーワードが付き始める。 それから半月ほどたった8月頃、とうとう私の動画の「ニコニコ市場」が荒らしに遭いました。 動画の内容と関係ない商品が大量に貼られ、吹き出しタグには私への私怨丸出しキーワードの他 私の出身校や好きな食べ物のキーワードまで含まれていました。 これにより、こいつを私への誹謗中傷ネットストーカー一味であると断定。 該当商品を削除し、一定期間商品貼り付け禁止措置(NG登録)を行いました。 しかし、しばらくするとまた同じ商品が複数の動画に張り付けられました。 私は即座に該当商品を削除+NG登録を行い、今度は動画に関係ある商品15個を自ら貼り付けて防衛行為を行いました。 これにより動画に関係ない商品は貼り付けられなくはなりましたが、こいつは今度は 私が貼り付けた動画に関係ある商品の吹き出しタグを変更する荒らし行為に出てきました。 具体的な荒らしタグの内容は、「パクジヘン」「知恵遅れ」「山鼻」「澄川」「駒岡」「自称」その他もろもろです。 2013年8月頃になって運営が対処したらしく、現在は荒らし行為ができなくなった模様です。 現在は市場に関連する荒らし行為(商品の吹き出しタグを変更する行為)などはできなくなったようですが、 その荒らし行為が行われていた時に、私は自分と仲間のために、 わざわざ動画を確認しなくても速やかに荒らし吹き出しタグを削除できるように専用のページを作り、 荒らし行為を監視し、荒らしが確認された場合は速やかに削除もしくは元々の吹き出し内容に戻す作業を行っていました。 それがこちらです。→ニコニコ市場のドラクエ3関連商品の吹き出し荒らし対策ページ 2013年8月頃の運営による対処と思われる事により市場荒らしはできなくなったが、私への粘着行為はやめていません。 コメント削除依頼板に、私のニコニコ動画ユーザーID(3782194)を晒し、ニコニコ動画サービスと無関係な理由(それも捏造)を振りかざし 削除依頼を行っていることがあきらかとなりました。以下がその一部です。 124 名前: no name :2012/09/13(木) 13:31:57 HOST:65.49.14.87 http://www.nicovideo.jp/user/3782194 このユーザー(TOMO@札幌)の動画に書かれているブログにアクセスしたところ (以下略) なお、この身勝手な削除依頼の時に使われたIPも65.49から始まるものである。 私はこのIP範囲を直ちに忍者バリアーで閲覧禁止設定にさせていただきました。 忍者バリアーで閲覧禁止にした後も、私のサイトへ粘着アクセス試行をしていることが 忍者バリアーのアクセス拒否ログから明らかとなっています。 しかし、奴の迷惑行為はこれだけでまだ終わりませんでした。 ニコニコ大百科の「NG共有非推奨」のスレッドに私のニコニコ動画ユーザーID(3782194)と ゲームブログのURLを無断で晒しました。 2012年11月に入ってからは、動画のタグ荒らしを再開する始末です。 今度は「投稿者を見てそっと閉じる動画」と私怨丸出しのタグが私の動画に付けられました。 私は気付いた時点で削除しましたが、3日後に再びチェックしたらまた付けられていました。 これらのタグ荒らしに関しても、定期的にパトロールして監視中です。 あまりにも私の投稿動画に対してのタグ荒らしが酷いため、私は2012年10月、密かに二代目のニコニコ動画ユーザーID(30094908)を取得し そちらの方で新しい動画のアップを行うようにしていました。 シリーズものの「ドラクエ 格闘場」などは古いアカウント(ID:3782194)での最後の投稿動画とし終了を決定。 新しいアカウントでは引き継ぎませんでした。(新しいアカウントがばれるのを回避するため) しかし、2014年7月に私の二代目アカウントの(ID:30094908)がとうとう犯人に見つかり晒されていることを確認しました。 私はすぐさま投稿動画と公開マイリストを非公開に設定して対処。(現在も非公開中) その後も犯人は「荒らしユーザー通報連絡」スレに私の二代目アカウントを晒し、差別用語を用いて荒らし続けています。 市場荒らしに関連する迷惑行為ができなくなって以降、私への誹謗中傷人物主犯格の片桐が管理人だった誹謗中傷掲示板 「Tomo@札幌 研究所」に黒崎智則のハンドルネームで犯人は張り付いていましたが、 2014年5月、私は権利を侵害された本人名義での三度目の通報で「Tomo@札幌 研究所」URL:http://jbbs.shitaraba.net/study/11463/を凍結に追い込みました。 「Tomo@札幌 研究所」の凍結により居場所がなくなった犯人は、まず2ちゃんねるのブログ板URL:http://toro.2ch.sc/blog/への荒らし行為を始めました。 これが「Tomo@札幌 研究所」のアカ凍結からわずか2日後のことです。 なお、ブログ板で犯人により荒らし行為が行われたスレに関しては、一部のスレで反論と現地住民への注意喚起レスを書き込みました。 犯人はすぐさま余計に荒らしてきましたが、私は以降相手にしないようにしました。 しばらくすると、2ちゃんねるのブログ板での荒らし行為はおさまりました。 しかし、6月下旬に私が行っている定例パトロールにより、ニコニコ動画にあるユーザー掲示板 「niconicoへの要望掲示板 」URL:http://bbs.nicovideo.jp/request/を犯人が荒らし回っているのを発見しました。 「荒らしユーザー通報連絡」というスレタイのスレに粘着しているほか、「ネットストーカーTOMO@札幌を追放しよう」と題した犯人により建てられていました。 スレの>>1には、「名人様」「視聴者様」「指示厨」とか言う類のやつなどと意味不明な事が書かれており、 更には、「コマンドー関連の荒らしもこいつの仕業」などと自分自身が行った迷惑行為を私のせいにしようとする呆れたテンプレまで付け加えている始末です。 これ(コマンドーの吹き出しタグ荒らし行為)については奴が犯人であるという裏を取っているんだよな。 私が投稿した動画の市場にコマンドーの吹き出しタグ荒らしが付いたことがあり、その商品が動画の内容と全く関係ないものであった。 わざわざ自分の投稿動画にそんなことしますか? 自分の投稿動画の評判を悪くするような行為を自分でしますか? 常識人ならそんなことする理由がないのはわかりますよね? また、そのスレでは私が視聴しているドラクエ実況プレイヤーの動画を晒し、指図しているコメントを私のせいにしようとする内容の書き込みも確認しました。 その件については、実況プレイヤー本人に私はツイッターで注意喚起を行いました。 尚、叩きスレに書き込んでいるのは犯人たった一人だけで誰も犯人には同意している人はいません。 なお、「niconicoへの要望掲示板」には私は反論レスは書き込まないと決めています。 書き込むとかえって荒れそうな気がするので。 時々、以下のような内容のコピペ >おっ、片桐くんかな? >(自己紹介板の私への誹謗中傷スレ) >見てこなくて大丈夫? >他にもいろんなところに片桐くんの昔の様子が貼られてるけど >そっちは火消しをしなくていいの?w(以下略) が出てきますが、それを書いているのは私ではありません。 その方は片桐とパクジヘン荒らしの区別が付いていないと思われ、片桐が書き込んでいると思って 上記のようなコピペを定期的に貼っていると思われます。(N村N平についても片桐との区別が付いていないと思われます) 犯人のそのスレでの活動内容は、自分が行った迷惑行為を私のせいにしようとする内容のほか、 私のツイッターに張り付いては私のつぶやき内容を相当過去の内容まで嗅ぎ回りったり掘り返してきたりし、(俗に言う詮索行為) それを批判する内容や事実無根の誹謗中傷を行ってきたりしています。 実に呆れ果てますよね。 私はツイッターは普段は鍵をかけており、フォローされていない人や外部の人にはつぶやきを見られないようにしているのですが、 私をフォローしていない特定のツイッターユーザーに返信をする目的やその他で、一時的に鍵を解除することがあります。 その隙を狙って、犯人は私のツイート内容を相当過去のものまで詮索してきては、 一部のツイート内容を晒して誹謗中傷行為を行ってくる訳です。 私がツイッターの鍵を解除している時に、N村N平がtwilogの最新状態をリロードし、各所に晒しては誹謗中傷行為を行ってくるのと似ています。 ま、対策としては鍵を永久に解除しなければつぶやき晒しは防げるのですが、特定の人からの返信がされなくなってしまうのと天秤にかけると どうしても解除しなくてはならない場合があるので、こいつには本当困ったものです。
Copyright (C) 2012-2019 Tomo@管理人 all rights reserved.